美容学校を選ぶときまず見ておきたいポイント

美容師になるためには、美容学校に通って必要な知識や技術を身に付けます。その後美容師試験を受験して合格し免許を取得し、美容師になります。学べることは各美容学校で違いもあり、試験にしっかりと合格するためには学校選びはとても大切です。途中で挫折してしまわないように、自分に合った学校を選びましょう。



美容学校には国家試験の合格率を重視しているところ、質の高い講師陣をそろえて優秀な人材を育成しようととしているところ、就職率の高さをポイントにしているところなど校風に違いがあります。また、在籍している生徒や講師陣といったことから実際の学校の雰囲気も異なります。

美容学校を選ぶときには体験入学をして、実際に雰囲気を確かめてから通うところを選びたいものです。



美容学校では厚生労働省が定めた内容を1400時間とこれ以外にも各学校で選択科目や課外授業があります。ネイルやメイク、エステなど各学校ごとに選択できる科目が違いますので、ほかにどのようなことが学べるかを下調べしておくといいでしょう。ネイルやエステなどの科目があるところを選べば、美容師以外の職業に就くという選択肢も手に入れられます。